精神科の医師求人に応募しよう|心の謎を解き明かせ

働きやすい環境

看護師が辞めない病院づくり

看護師の仕事はとてもハードで転職が多い職種でもあります。また求人サイトなどで扱っている求人数も多いという売り手市場であるのが転職に拍車をかけているのかもしれません。 そのため多くの病院では看護師の人手不足で頭を悩ませているとも聞きます。特に地方の中小規模の病院ではその影響があるようです。そのため雇う病院側にとってはなんとしても長く働いてもらいたいと考えているようです。1つの対策として考えられるのが給与の確保ではないでしょうか。 ただしそれだけでは対策としては不十分かもしれません。安心して働けるような環境を作ることも大事であります。 安心と安全を提供できるような病院にして、さらに患者中心の看護を基盤とした看護師が生き生きと働けるような病院づくりに取り組むことが、長く働いてもらうためにこれから必要になってくるものと思われます。

現場の職員が協力して辞めない環境づくりを作ることが大切です

看護師が不足していたらひたすら求人をかけて人員を補うのも一つの方法ですが、長く勤めてもらう病院づくりも大切です。長く勤められる環境が整えば求人内容にその魅力を載せることも可能になります。 このような取り組みには現場で働いている看護師並びに他職種の力が必要になってきます。 例えば現場で勤務希望調査を行ったり、多様な勤務体制を認めたりする活動を行うなどがあります。また働きがいを感じているか勤務満足度の調査を行うことも必要かもしれません。さらにはハードな仕事内容からメンタルを病む人も少なくないでしょう。メンタルヘルスケアの整備を行う必要もあるかもしれません。プライベートを充実させるためにワークライフバランスを目指す取り組みも必要でしょう。